プロフィール

中夢心

Author:中夢心
生別  ♂
年令  20
誕生日  5月1日
口癖  眠い
その他  特になし。
不定期ですが小説を書かせていただいてます。
リンクの中夢の本棚からいけます。
どうぞお読み下さいませ。
できれば感想とかもよろしくおねがいいたします。
Twitterやってます。→ @nakamukokoro
ヒメキスで中夢心も私です。
本棚に勝手にギャルゲー化してまとめてみたがあります。
興味がございましたらのぞいてみてね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
11411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
2467位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来は明るいか、それとも暗いか

無事に自分の生きたい道、行きたいゼミに入ることに成功しました。

あぁ、嬉し、嬉し。

言いたいことはこれだけで、他には何にも考えていない。

ただ、これから私はまっすぐ進めるのだろうか?

今回はここまで
スポンサーサイト

それから

私がやりたいのは消費心理学だと言い続けている。

正確には広告心理学だし、もっと細かく言うと広告の文言に対する研究だ。

入りたいゼミも決まっている。

そんなことを言っていたらついにゼミ選択の時が来てしまった。

適当なことをぬかしながら、生きていた自分が、人気ゼミの一員になれるのだろうか

それとも、単なるその辺の石ころよろしく誰かに蹴飛ばされて変なところで悔みながら過ごすのか。

これからのそれからが今から始まる。

さぁ、ここからだ。

今回はここまで

最近の私の行動について

最近、私はどういう風に生きればいいのかなって思ってきた。

なんだ、このグダグダ感は。

何もしてないわ、金欠だわ……。

毎日を楽しんで生きているのは楽しいから間違いないんだが。

う~ん……。

何をすればいいのかまったくもってわからない。

いや、正確には文章を書けばいいのはわかっているし、書いてはいる。

だが、何とも言えない……。

いや、もうちょっと正確に言うと、俺はこんなに遅筆だったのだろうか?

いや、それよりこんなに書かない人間だったんだろうか?

もっと前は、昔はよかったと考えるのは年を取ったからだろうか?

あぁ、なんだかもうよくわからない気分だ。

昔はノートで書いていたのが詰まっている

今は、パソコンでしか書いていない。

どうしたというんだろう。

たしかに、大学に入ってから漫画を少し学び始めた。

絵を描く方法、話の考え方、漫画の作り方

でも、これはこれでいいと思っている。

新しい何かを発見できる気がするし、漫画という方法で自分の話を見つめなおせる気がした。

結果、これがよくなったのかはよくわからない。

ただ、話について書き進むのが遅くなっている事実だけはある。

これはよい方向に転んでいるのだろうか?

これからの自分に期待である。

今回はここまで

多感覚知覚の商業的価値

多感覚知覚というものがあるそうな。

簡単に言えば、人は味覚だけで味を感じているわけではない。五感をフルに使って感じているのだ、というもの。

これはとても面白い。
広告に使えそうだ、と真っ先に思った。

というより、いくつもの企業がすでに使っていそうな気がする。

なんせ広告のど初心者、というより最近から広告のことについて考え出したわしがそう思うくらいだ。

味覚だけで味を感じているわけではない。

逆に言えば、他の感覚によってある程度まで味覚を引き出すことができるはずだ。

これを応用すれば、味覚という感覚がなくなった人にも味を伝えることができるのだろうか?

それは、とりあえずおいておこう、今ぱっと浮かんだ考えだ、面白い考えではあるが本題ではない。

本題は、これは食欲を促進させる手の一つになるだろう。

食品販売の広告として、いいのではないだろうか?

たとえば、近所のスーパーでは揚げ物を売るとき

「揚げたて!おいしいよ!!」というポップや、「四時から揚げたてとなっています~」という放送がなっていた。

これらの販売意欲を促進させる目的のものを作る費用は安価だろう。

だが、四時から揚げたて~、の放送をてんぷらを揚げる音に変えて見るというのはどうだろうか?

同じくらい安価で購買意欲も上がる気がする。

もちろん実験なんかしていないのだから、あくまで気がするだけなのだが。

しかしながら、個人的に実験の価値があると考える。

過去に事例がないのならぜひとも卒論にでも使用したいテーマだ。

今回はここまで

私はどこへ行けるのか

あっという間に大学に入って一年になってしまった。

今のところやりたい心理学は商業や広告心理学について、人の興味や関心を引く心理学についてだ。

文字や、絵、色が持つ心に響く、心に残る広告の力を学んでいきたいし研究したいと思っている。

最近もちょいちょい「こうすればこれはいいんじゃないか」とかを考えたりしている。

商業心理や広告心理について学びたいのでどうすればいいか先生に聞いた時からなるべく意識してるせいだと思う。

前にラーメン屋に行ったとき、小さな文字がびっしり書いてある広告が見えづらいところに貼ってあったが、あれは広告として機能していないなぁと感じたものだった。

しかし、将来これに関係がある職につけるのだろうかと少し悩んでいる。

二年になったら、さらに産業心理学の授業で広告商業心理について学べるだろう。

けど、それが将来性があるものかといわれるとはっきり答えられない。

何かを作り出す能力が自分には本当にあるのだろうか?

私は自分の力を過信していないだろうか?

不安を覚え始めたが、それでも進まなければいけないのだろう。

さぁ、これからもがんばろう。

今回はここまで

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。