プロフィール

中夢心

Author:中夢心
生別  ♂
年令  20
誕生日  5月1日
口癖  眠い
その他  特になし。
不定期ですが小説を書かせていただいてます。
リンクの中夢の本棚からいけます。
どうぞお読み下さいませ。
できれば感想とかもよろしくおねがいいたします。
Twitterやってます。→ @nakamukokoro
ヒメキスで中夢心も私です。
本棚に勝手にギャルゲー化してまとめてみたがあります。
興味がございましたらのぞいてみてね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
13146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
3666位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上達の心得

何かを上達させるには、それを継続して練習し続けることだと誰もが言う。

だが、どのように継続すればいいかは、なかなか出し渋っているかのごとく、皆黙る。

おそらくは、誰もがどうして継続できているのかわからないのだろうな。

ある日とは、それが好きだから継続していると言い
またある人は、それをしなくてはならないから継続していると言い
さらにある人は、気が付けば継続していたなどと言い出す。

何にせよ、継続は力なりと言う言葉には正しさが存在するのは、何となくだが理解はしている。

ただ、継続は力なりだと言い出す奴はだいたい継続してきた人である。

いや、間違えであった。

継続は力なりだと言える人間は継続してきた人間でしかできえない。

継続してこなかった人間は継続が力なりと言う言葉に、皆が諸手をあげて賛成しているので言っているだけで、
そこに明確な説得力と言えるものがないのだ。

自分も、継続は力なりと言える側の人間になってみたいものである。

今回はここまで
スポンサーサイト

かくもおかしき

久々にブログを覗くと、何とも言えない気持ちでいっぱいになる。

時は移ろい日は流れ、状況は驚くほどのスピードで私を置いていく。

かつて平和であったころの世界はいずこかへ消え、知らなくていいことを知り、記憶よなくなれと思うと同時に、記憶よ忘れないでくれと望む。

あの日に見たうわべだけの平和は一種の麻薬のようなものであったのかもしれない。

今これを書いていても、ただぼんやりと麻薬が残っていたころの記憶を見たいと感じてしまう。

アホであることは一種の救いなのだ。

余計なことを考えず、いらないことを知らず、他人を気にせず我が道を行く。

あぁ、なぜ私はこうなってしまったのだろうか。

今回はここまで

皆が笑い幸せな世界

最近、周りの恋愛の話を聞きます、

誰かが誰かと付き合い始めた、誰かが誰かを好きらしい。

そんな私にも付き合っている人はいるのですが。

なんというのでしょう。

誰かと誰かが付き合うたびに、切なくなる気持ちがひとつ。

何となく、この気持ちの理由が私にはわかっています。

不思議な気分。とても不思議な気分。

ただ、この感情が出る理由を私は、自分を最低な人間だと思いながらも知っている。

おそらく、盗られて悔しいのだと思う。

平衡世界のどこかでならもしかして、自分の彼女になっていたかもしれない人を盗られていることが悲しいのだと思う。

なんてこった、すでに一番大事にしようと思ってる人がいるのに。

あぁ、私は下半身で物事を考えているような気がする。

知っていた、最低な人物だと。

知っていた、自己中心的なひとだと。

それでも、それでも一人の人を愛したい。

愛したい、大事にしたい。

こんなことを考えてしまう私でも。

今回はここまで

夏の終わりはものがなし

夏が終わり、近くでは鈴虫が鳴いています。

その鳴き声はどこかさびしげで、何とも言えない気分に。

あぁ、もの悲しい……。

という意味のものがなし、ではなく、単純に色々なものがなさ過ぎて困っているんです。

お金、単位、冷蔵庫の中の食料……。

そして、原稿用のネタ……。

あぁ、どこからか降ってこないものかしら……。

あと少ししか時間がないというに、なぜこんなにも私にはネタがないのでしょう?

神よ、わたしに発想力をくださいまし……。

今回はここまで

女装で得たもの失ったもの

女の子の後輩に「女装してくださいよ」と言われ、ずっと断り続けていました。

それを本日の朝シャワーを浴びながら座禅を組んでいた時のことです。

これから先の人生に俺に女装をしてほしいだなんて頼んでくる奴はいるのか?
あの子の人生で女装を頼み込んだらしてくれる人物はどれぐらいいるんだ?
俺がやってあげてもいいんじゃないか……?

やってみた

後悔した

先に得たものから話そう。

簡単なことだ。それでいてとても大事なことでもある。
発言は責任と考えを持ったうえで
今回学んだのはこれに限る。

失ったものは
自分自身の人間性と、なにかしらの羞恥心と、これから先の人生に対する余裕です。

なんだか、悲惨な結果としか言いようがない……。

もう嫌だ。

とても嫌だ。

女装はこれからもしやらねばならない時があるとするならばちゃんと考えたうえでしよう。

今回はここまで

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。